ニキビ跡対策、プロアクティブVSビーグレン

ニキビ跡対策には、プロアクティブとビーグレンどっちがいいの!?プロアクティブと言えば、タレントさんが体験談を語っているCMでお馴染みですよね。 日米売上げ№1と言うだけあって、誰もが知っているニキビケア商品です。プロアクティブの特徴は、ノンコメドジェニックということでしょう。 ノンコメドジェニックとは、ニキビの元になる角栓が出来ないような成分を使用しているスキンケア化粧品のことを言います。 角栓は、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こし、ニキビになってしまいます。 ですから、角質を作らないようにケアしていくのがプロアクティブなんですね。

一方ビーグレンは、テレビCMで見たことはないけど、女性誌で特集を組まれたりとこちらも人気商品です。 ビーグレンの特徴と言えば、医療レベルの浸透技術です。どんなにニキビ跡に有効な成分を配合していても、肌の奥まで浸透しなかったら意味がないですよね。 お肌の漂白剤と言われるハイドロキノンを超微小カプセルに包み込んで、角質の奥まで届けます。 それが、時間が経ってしまったニキビ跡にも働きかけてくれるんです。こう考えると、ニキビ跡にはビーグレンの方がオススメなのかなって思いますね。