ニキビ跡が原因で赤ら顔になってしまうの?

ニキビ跡が原因で赤ら顔になってしまう、というのをご存知ですか?一度ニキビが炎症してしまうと、うっ血してしまうので、その周辺も赤くなってしまいます。 ニキビがたくさんできれば、赤くなる範囲も大きくなるので、顔全体が赤くなってしまいます。 ニキビが跡になってしまっている場合は、完治するまでに時間がかかってしまいます。 ニキビが完治するまでの間に、次のニキビが出来てしまうと、赤ら顔はずっと続いてしまうのです。 そうならない為にも、ニキビ跡はきちんとケアしていきましょう。

ニキビ跡に効果的として有名なのは、「ビーグレン」です。ビーグレンは炎症しているニキビはもちろん、諦めていたニキビ跡にも効果を発揮してくれます。 ビーグレンのニキビ跡改善ポイントは、たったの3つ。 ①界面活性剤が配合された洗顔料を使わないで、天然クレイの洗顔を使う。②天然ハーブを配合した化粧水で炎症を抑える。 ③高濃度ビタミンCで、肌を修復する。これがビーグレンのニキビ専用セットで実現することが出来ます。 自分の肌に合うか、試してみたい方には、トライアルセットがオススメです。ビーグレンのシンプルな3ステップで、赤ら顔を改善しましょう!