ニキビ跡ができる原因と対策について

ニキビ跡が残ってしまうと、完治するまでに時間がかかってしまうのでとっても厄介ですよね。そこで、ニキビ跡ができる原因と対策について調べてみました。 見た目には完治したように見えるニキビでも、肌の奥では炎症を起こしている場合があります。 炎症によってメラニンが生成されてしまうと、ニキビ跡として残ってしまいます。メラニンは紫外線だけではなく、炎症の刺激でも生成されてしまいます。 そのメラニンが色素沈着の原因となって、ニキビ跡として残ってしまうのです。ニキビ跡の対策としては、ターンオーバーをスムーズに行わせることです。

ターンオーバー、つまり細胞の生まれ変わりをスムーズに行うことが出来れば、ニキビ跡もだんだん改善されていきます。 ターンオーバーは、生活習慣や食事などの内側からのケアも重要になってきます。寝不足が続いたり、偏った食事を続けていると、ターンオーバーは乱れていきます。 また、ニキビ跡には、ニキビ跡専用のスキンケア商品を使うのがいいでしょう。 ビーグレンは、炎症しているニキビにも、時間がたってしまったニキビ跡もに効果を発揮する化粧品です。 まずは、トライアルキットで自分の肌に合うか試してみましょう!